読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々充実

毎日が充実したと思えるようになるためのブログ

SORACOMハンズオンセミナー

こんばんわ、ヒサユキです!

今日は先日、SORACOMの熊崎さんから教えていただきました、
SORACOMハンズオンセミナーに参加してきました!

SORACOMの紹介

SORACOMの松井さんがいらっしゃってました!!
続々と増えているSORACOMのサービスを、
一つづつ解説していただきました(´ω`)

増えるペース早くてついていけてないです・・・w
アルファベットは'G'まで来たので、次は'H'ですね!

ハンズオン開始

初のIoTハンズオン!!
ラズパイ触るのも初めてでしたヽ(=´▽`=)ノ
電子工作とかすごい久々にやった感じですが、楽しかった!!

なにつくったのか?

困った事に作ったものの写真を撮り忘れた・・・
頂いた資料の一部がこちらです! f:id:yuki_hisa:20161122004007p:plain

  • PCからラズパイにWifi経由でアクセス
  • USBドングルにSORACOMのSIMを挿してラズパイに接続
  • hostコマンドでEC2を経由してインターネットに接続されていることを確認
  • ラズパイに超音波センサーを接続
  • 超音波センサーが障害物を10cm以内に連続で3回検知したらクラウドにデータを送信するプログラムを実行
検知するとこんな感じになりました
pi@raspberrypi:~ $ python send_to_cloud.py
- メタデータサービスにアクセスして IMSI を確認中 ... 44***************
- 条件設定
障害物を 10 cm 以内に連続 3 回検知したらクラウドにデータを送信します
センサーを手で遮ったり、何か物を置いてみたりしてみましょう
- 準備完了
距離(cm): 2.9 <= 10 , 回数: 1 / 3
距離(cm): 2.1 <= 10 , 回数: 1 / 3
距離(cm): 2.2 <= 10 , 回数: 1 / 3
距離(cm): 1.2 <= 10 , 回数: 2 / 3
距離(cm): 1.7 <= 10 , 回数: 3 / 3
- ステータスが 'in'(何か物体がある) に変化しました
- Beam 経由でデータを送信します
{u'_type': u'event', u'_id': u'AViAnIvns5NL1_gtA_wf', u'created': True, u'_version': 1, u'_index': u'sensor'}
距離(cm): 19.2 > 10 , 回数: 1 / 3
距離(cm): 19.3 > 10 , 回数: 2 / 3
距離(cm): 20.1 > 10 , 回数: 3 / 3
- ステータスが 'out'(何も物体がない) に変化しました
- Beam 経由でデータを送信します
{u'_type': u'event', u'_id': u'AViAnNvvs5NL1_gtA_wg', u'created': True, u'_version': 1, u'_index': u'sensor'}
  • 検知データをAWS上にあるKibanaに飛ばして確認する
  • 最後にIFTTTを使ってTwitterに結果を飛ばす

実行結果

まとめ

初めて触るものばかりで新鮮な感じでしたヽ(=´▽`=)ノ
名古屋でももっとIoT系のハンズオンあると嬉しい限りです!
お誘いいただいた熊崎さん、ありがとうございました!!